新潟県内で在宅介護サービス
(デイサービス、グループホーム、ショートステイ、小規模多機能ホーム、看護小規模多機能ホーム、
訪問介護、訪問看護、訪問鍼灸、福祉用具レンタル・販売/住宅改修、居宅介護支援)

介護のこと、お気軽にご相談下さい お電話でのお問い合わせ 0120-655-966

はあとふるあたごグループホーム三条

三条市では、
「居宅介護支援」「デイサービス」「グループホーム」の3つのサービスを提供しています。
こちらでは、「グループホーム」についてご紹介します。

認知症の人が役割を持つことの大切さ。

2019.03.19

 

こんにちは。つい先日、ひとりのお客様が「コーヒー作ってもいいですか」と

職員に聞いてこられたので、「どうぞ」と返事をさせてもらったら

「ついでだから他の人のも作ってあげるわ」と言ってくださいました。

急いで、コーヒーの準備をして、お任せすることに。

 

「久しぶりだから上手くできるかしら」「あなたみててください」と

お願いされたので、となりで見守らせていただきました(*´꒳`*)

 

ここで大事にしたいポイントは、自分からコーヒーを飲みたいと思ったこと。

そして、他の人にもという思いやりです。

職員が代わりに作ることは簡単です。ですが、それをすることで

本人の自発性や、意欲を奪うことに繋がってしまいます。

 

まずは、ご本人の認知症状の状態を把握することが大事です。

最初から最後まで一人で行えるのか、行えないのであれば、それがどこからなのか

そういった判断を日々関わる中で理解していく必要があります。

今回のお客様は、スプーンで何杯入れたら良いのか不安、という感情が大きかったので、

そこだけ、一回一回伝えながら、あとはご自身で他のお客様に手渡すとこまでしてくださいました。

他の人の「おいしかったよー」「ありがとねー」の声で作った本人様も

「よかったわ、また作るわね」とお客様同士の関わりにも繋がっていました。

 

認知症があるから、できないことが増える。

でも、できることだっていっぱいあります。

そのできるところを、どう継続させていくかを考えるのが

私たちの仕事なんだなと、改めて感じることができました。

 

ぜひ、次回は職員にも作ってください(´∀`*)笑

 

スタッフ紹介 笑顔で、明るく楽しい場所に
MOVIE はあとふるあたご 紹介動画
情報誌 はあとふる あたご

施設でのイベントやご利用いただいているお客様のご紹介、弊社の取り組みなどをご覧いただける情報誌をご用意しております。

一覧を見る 過去の記事